デザイン制作実績はこちらをクリック

バリ島デンパサール空港でタクシーのぼったくりに合いそうになった話

バリ島タクシーぼったくりアイキャッチ画像

「バリのタクシーってどんな感じ?」

「デンパサール空港のタクシーの評判が良くないって聞いたけど?」

そんな疑問に答えるよ

ミロク

ミロクです。(@mirokurocloverZ)

夫婦2人で日本の寒い冬から逃げるように東南アジアにきました

インドネシアのバリ島にあるデンパサール空港、そこからタクシーで目的地まで行くときの話

この記事ではバリ島でいきなりタクシーでぼったくりに合いそうなあなたに参考になるよ

バリ島のデンパサール空港のタクシーはうざい

ミロク

今まで行ってきた東南アジアの中で一番タクシーのキャッチがしつこくてうざかった。

前提として空港内のタクシーは全部ぼったくりらしい

だからタクシーを使う場合は一旦、徒歩で空港の外まで出て、メーター制の「ブルーバード」と呼ばれるタクシーを拾う必要がある。ブルーバードは初乗り60円ぐらいからとかなり良心的。他のタクシーは交渉制

偽ブルーバードの写真

偽ブルーバードもいるから気をつけて!

ブルバードによく似たタクシーがめっちゃいます。パッと見じゃわからないぐらい似せてくる

本物は「トヨタ」で写真の赤い矢印のとこ、ドアにちゃんと「BLUE BIRD」って書いてます。

でもねぇ、このブルーバード。夜はあんまり走ってないんだよね

夜に空港に着いたぼくらは一旦外に出てみたはいいものの、このブルーバードをつかまえることが出来なくて、仕方なくキャッチのタクシーに乗りました

バリ島でぼったくりタクシー乗ってみた

ミロク

ガゾリンランプついてんぞ。

交渉制タクシーだからもちろんメーターはなし。とりあえず車で15分くらいのとこまで乗った

到着して、いくら?って聞いたら

1,500,000ルピアって言われたの。ふんふん、とりあえず日本円で計算してみようか

いち、じゅう、ひゃく、せん…

日本円にして…、1万円www

タクシーでww15分くらい走ってwww1万円はwwwwナメすぎwwww

さすがにこれはないと思って車内でギャーギャー言ってたら「じゃあ500,000でいい」ってそれでも4,000円ぐらいだからね、握りしめた100,000ルピアの札を2枚突きつけて「もうこれしか持ってないからこれで」って言ったら「あと1枚」って言われ仕方なく300,000ルピアを払いました

2,000円以上も…正規の値段だとだいたい200円ぐらいのところを最初1万円てwww

バリ島でぼったくりタクシー乗っちゃったときの対処法

ミロク

間違って乗っちゃったときは。

間違って乗っちゃったときや、しょうがなく乗るしかない!って状況のときは

「オールマイマニー!ソーリー!センキュー!」って言ってお金を渡してタクシーから降りちゃう

向こうも最初はダメ元で(?)法外な金額提示してくるから、別に本来の金額を下回らなければブチ切れたりしてこないはず。ぼくらは300,000ルピアも払ったけど、もし戻れるなら100,000札1枚渡して車から降りる(相場を踏まえた上で)

バリ島でぼったくりタクシー教訓

ミロク

いろいろ学んだ。

なるべく夜に着く便には乗らない

さっきも書いたけど、最も安く安全な「ブルーバード」は夜あんまり走ってません

あとやっぱり夜は暗くて何かと不安だよね。だからなるべくなら昼の便でバリ島に降り立ったほうがいいかも

最初に場所を言って値段を確認する

乗る前に「この値段で!」っていうのを決めちゃう。「もうこれしか持ってないから!」みたいな

キャッチが腐るほどいるから比較してもいいかもしれない、けっこうめんどいしうざいと思うけど

やっぱりGrabが最強

なんだかんだやっぱり東南アジア版のウーバー、Grabが最強です。一番安い、安全、便利

ただ空港からGrabを使う場合は1階ではなく、3階で待ち合わせてください。3階にもロータリーみたいな場所があって、そこなら簡単に乗れます。運転手の方からテキストでその場所を指定されることもあり

バリ島でぼったくりタクシーまとめると

ミロク

痛い勉強代でした。

まぁ言ってもそんな値段だけどさ、悔しさがあるよね。言いたいのは、ぼったくりタクシーに1万円も払っちゃう人が1人でもいなくなればいいなっていう、それだけ!

アイキャッチ画像 高額な海外旅行保険を180日間も0円にするクレジットカード術

2 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です