デザイン制作実績はこちらをクリック

ダナンの二大市場「ハン市場」と「コン市場」はベトナムの観光名所?

アイキャッチ画像

「ダナンの観光名所ってどこかあるの?」

「ハン市場とコン市場は何が違うの?」

そんな疑問に答えるよ

ミロク

ミロクです。(@mirokurocloverZ)

日本の冬を避け、夫婦2人でベトナムのダナンに来ました。せっかくだからダナンの2大市場と呼ばれているハン市場とコン市場に行って来たよ!

これからベトナムのダナンに来る人や、行った気分になりたい人に参考になるよ

ダナンの観光名所「コン市場」

ミロク

まずはコン市場に来ました

ハン市場と違ってこっちの市場は外国人観光客目当てじゃなくて、100パーセント現地人の市場。雑貨類も少なくて、置いてあるのは日用品から野菜、果物、肉類がほとんどで、庶民の台所とも呼ばれてるよ

ダナンの観光名所「コン市場」の場所


269Ông Ích Khiêm, Hải Châu 2, Hải Châu, Đà Nẵng 550000 ベトナム

コン市場外観

コン市場は、ぼくらがAirbnbで宿泊してたMy Khe Beach(ミーケビーチ)の近くから車で10分〜15分ぐらい

バクダン通りからフンブオン通りをずっと西に進んだ方向にあるよ

でかでかと書かれた「CHO CON」がわかりやすいね。ちなみに「CHO」はベトナム語で「市場」って言う意味らしい

道路の写真

振り向くとこんな景色。向いには複合ショッピングセンターのビンチュンプラザがあって、映画館やゲームセンターとかがテナントで入っているよ。写真では伝わりづらいけど、さすがダナンの中心部。交通量がすさまじい

コン市場さっそく中に入ってみます!

ダナンの観光名所「コン市場」入ってみた

コン市場の中の写真

建物の中はこんな感じ、入り口付近はまだ歩くのに余裕なスペースがあるね

商品の写真

アクセサリーとかが売ってるね

アクセサリーの写真

キラッキラしてる。中国人のツアーの団体さん達に人気あったよ

コン市場の中の写真

さらに奥へ進むと日用品が道を塞ぐ勢いで並んでる!

食べ物屋さんの写真

崩れてきそうなぐらい、積み上がってるこれらは全部食べ物だね

コン市場の中の写真

歩いていても観光客らしき人は少なくて、ほとんどが現地の人だった。客引きも少なかったな

屋台の写真

奥の方に行くとフードコート的な場所があるよ。ベトナム料理をローカルな雰囲気で楽しみたい人にはオススメ、麺系のメニューなら1杯100円ちょっとで食べれちゃうしリーズナブル

コン市場の営業時間は5:00〜18:00。ただしお店によります

コン市場の規模的にだいたい30分もあれば、全部を見て回ることができるはず。もし時間を持て余したら、向いのビンチュンプラザって言う若者から中級所得のベトナム人が行く人気のスポットに行くのもありです

ダナンの観光名所「ハン市場」

ミロク

お次はコン市場に来ました

コン市場と違ってこっちの市場は外国人観光客目当て。観光客用のお土産店がズラっと並んでいるよ

ダナンの観光名所「ハン市場」の場所


119 Trần Phú, Hải Châu 1, Hải Châu, Đà Nẵng 550000 ベトナム

ハン市場の外観の写真

ハン市場は、コン市場から川の方に真っ直ぐ1kmぐらいを歩いて行けば着くから、方向さえ間違えなければ簡単に行けると思う

バクダン通りとフンブオン通りの角に面していて、これまたダナンの観光名所の「ダナン大聖堂」にも近いよ

ただ、たかが1kmと言えども夏場の外はめっちゃ暑いからね。ちゃんと暑さ対策していかないとすぐにバテちゃうから気をつけてね

ダナンの観光名所「ハン市場」入ってみた

ハン市場の写真

コン市場と違ってこっちはほとんどが観光客。あと、客引きが強い。めっちゃ強い。腕とか掴まれるし、めちゃくちゃ日本語で話しかけてくる

珍味の写真

1階は珍味とかベトナム土産の商品が多かった。場所によっては臭いがキツい

雑貨の写真

こちらのポーチは、ひとつ100円〜250円ぐらい。1つのお店にいろんな形、絵柄が売られているから楽しく選ぶことができるよ

ハン市場の中の写真

2階に上がると衣類系のお店がたくさん。中の方は人1人通るのがやっとな道が

ハン市場の中の写真

洋服は女性物が多いけど、男性物もあり。普段着からスポーツウェアまで、なんでも揃っているよ。お店によって女性物や男性物、キッズに分かれていて、年齢層も幅広く対応していた印象

洋服の写真

洋服、アオザイ、バッグ、サンダル。アオザイは生地だけ買うこともできるし、ここで生地を買って専門店でオーダーメイドするのもあり。ただし、そういうのはやっぱりちょっと高くなるらしいから注意ね

釣り道具の写真

ハン市場の外回りには釣りとか、海や川関係のものがたくさん売ってたのが面白かった

ハン市場の営業時間は6:00〜19:00。ただしお店によります

注意
ハン市場ではほとんどの商品に値段シールが貼られているんだけど、ベトナムでは基本的に最後の3桁(000)は表示されていないから注意してね
※50と表記されている場合は、値段は50,000ドンということになる

ハン市場にもフードコート的な場所があるけど、オススメは徒歩圏内の「Kome’s」って言うレストラン。日本語が喋れる店員さんがいるからコミュニケーションに自信がない人でも安心だよ。あと、そのお店のブンチャーがすごく美味しくてリーズナブルだからぜひ。詳しくはこちら↓

ダナンの観光名所コン市場とハン市場まとめると

ミロク

半日あれば余裕でどっちも楽しめるよ
  1. コン市場は地元民、ハン市場は観光客向け
  2. それぞれは近くて徒歩圏内
  3. 暑い日は注意

ダナンの市場「コン市場」と「ハン市場」。それぞれ魅力がある市場で見どころも満載だけど、半日あれば満足できちゃうかなって感じでした。あと、すごい臭いがやばいって聞いてたけど、そんなにでもなかった。珍味コーナーはたしかにちょっと臭うなって思ったけど

東南アジアの雰囲気が漂っていて、決して日本では味わえない異国の空気が流れているから、ダナンに訪れた際は是非この二つの市場を歩いてみてくださいって話でした!

おわーり

ベトナムってどんなとこ?治安や物価、観光情報記事まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です