Design Portfolio

Costa(コスタ)とは?オーストラリアにある最大手ファームのアプライ方法

アイキャッチ画像

「オーストラリアにワーホリきた!2年目もいたいからセカンドビザが欲しいけど、どうしたらいい?」

「Costaっていうファームがどうやら稼げるらしいけどアプライの仕方がわからない」

そんな疑問にこたえるよ

 

 

ミロクです

 

オーストラリアの超優良ファームと言えばオススメはやっぱり最大大手の「Costa(コスタ)」なんだけど、この記事ではそのアプライの方法について書いていくよ

 

 

Costa(コスタ)とは?

ミロク

もしセカンドビザをとりたかったら絶対にここ

オーストラリアの中で一番大規模な農企業で全土に展開している合法ファーム

政府からも安心されているから、ほぼ間違いなくビザが降りると言われてるほど

 

 

Costa(コスタ)のアプライ方法

ミロク

アプライっていうのは申請って意味で、ここで働きたい!っていう意思を伝えること

アプライから仕事スタートするまでの簡単な流れとしては

  • STEP.1
    メールする
    まずはコスタにメールでアプライするよ
  • STEP.2
    アプリケーションフォーム入力して再送
    するとすぐにアプリケーションフォームがPDFで届くからそれに記入して、パスポートの写真画像と一緒に送り返してね
  • STEP.3
    電話がくる
    だいたい2週間ぐらいで「まだ働く意志があるか?」っていう電話がくるよ
  • STEP.4
    インダクション
    実際にファームのオフィスに行ってインダクションを受けて、配属先が決まるよ
  • STEP.5
    勤務開始
    配属されるクルーに行って勤務開始

コスタサイトのスクショ画像

まずはとにかくメールしましょう。上の画像にあるこちらのフォームかもしくはemployment.blueberry@costagroup.com.auに直接メールしよう、どっちでもいいよ

内容は下記な感じで

Dear COSTA,

My name is Miroku Kasai, I’m a male/female Japanese Working holiday maker.

I’m 27 years old.

I can stay until the end of next January.

I’m looking forward to hearing from you.

Thank you for reading.

Yours sincerely.

Miroku Kasai

自分のメールアドレス

自分の電話番号

赤字は自分のに直してね。ほんとはもっといろいろ書いたんだけど、最低限のことが書かれていたらこんなめっちゃ適当な英文章でもいいみたい。これ送ったらすぐに返ってくるアプリケーションフォームにまたいろいろ記入してくよ

 

 

アプリケーションフォームの書き方

ぼくは妻のぶんも一緒にOfficeworks(オフィスワークス)行って印刷してきて、手書きで書いてそれを写真に撮って送ったよ。Officeworksは割とどこにでもある文房具屋さんで、データをUSBとかに入れて行ったらプリントできるよ

アプリケーションフォームの画像

グレーのとこはコスタ側が記入する箇所だから触らなくてオッケー

Application for : Fruit Pickerにチェック入れましょう。ピッカーのことね

場所や人によっては働いている途中で「キミはパッキングのほうが向いているね」とか言われて異動させられることもアリ。逆に入ってから自分の希望で異動できたりもするよ

Location : 希望の場所にチェック入れてね。オススメはNSW州のCorindiかTAS州のDevonport。なぜならファームがでかいから

 

 

Have you worked for us before?「前に働いたことある?」って質問だから、なかったらチェックボックスに「N」って書いて、Your detailsまでの3つは空欄でオッケー

あとは順番に、名前、性別、誕生日、電話番号、ポストコードと埋めて行って、一番気をつけてほしいのが下のほうにあるEメールアドレスを書く欄。ここは慎重にキレイにわかりやすく間違えないように記入してね。後々このアドレスにペイスリップが届くようになるよ

 

アプリケーションフォームの画像

1.Yes
2.No
3.No
4.No
5a.No
5b.No
5c.No
6.Yes
7.No
8.Yes

それぞれの意味ははぶくけどだいたいこんな感じ。英語自信なくてもしゃべれます!って言っちゃおう

 

 

アプリケーションフォームの画像

あとは資格職務経歴緊急のときの連絡先を記入すればオッケー

 

 

Costa(コスタ)からの電話を待つのもいいけど…

アプリケーションフォームとパスポートの顔写真の部分の画像を送ったらあとは電話を待つだけ

なんだけど!

ぼくらは電話を待たないで直接shedって呼ばれるオフィスに行っちゃった。もうアプライしてるし!っていうスタンスで行くのがオーストラリアの基本なんだけど、案の定狙っていたブルーベリー2週間のウェイティング。運が悪ければ「後で電話するから待ってな」って追い返されるよ。ぼくらは「ラズベリーならすぐ入れるよ」って言われて入ったよ

 

オフィスはだいたい車がないと行けないようなとこにあるから、行けば「あ、こいつ車持ってんだな」って思ってもらえてそれはそれで評価高いかも?

 

ちなみにアプリケーションフォームもオフィスに行けばもらえるんだけど、時期(シーズン)によってはウェイティングもあるから前もってネットでアプライしておくとすぐ働けて安心かも

 

 

Costa(コスタ)で働くのに用意するもの

  1. 帽子(キャップでもハットでも可)
  2. 襟付きのシャツ(Tシャツは不可)
  3. ベルト
  4. 靴(サンダルやヒールのもは不可)

細かいことはインダクションっていう説明会のときにビデオを見せられると思うから、そのときにいろいろ確認してね

 

 

注意点まとめ

オフィスの場所

Shedって呼ばれるオフィスはだいたいファームの中にあるんだけど、場所によっては(タスマニアのデボンポートとか)ファームとは別の場所にオフィスがあるから事前に確認しとくといいよ

 

 

車は必要?

車はあったほうがいいけど、必ずしも必要ってわけではない。バイクや自転車で通ってる人もいたし(さすがに自転車はオススメできないけど。なぜならファーム自体広いから入ってからの移動がいちいち大変

車がない場合は住んでいるバッパーやアコモデーションにコスタで働いてる人がいないか探して、ピックアップしてもらう。働いているときに同じクルーの車もってる人に話しかけまくってどこに住んでるかとか聞いてピックアップしてもらう。あとはコスタのFacebookページで探すとかかな

 

 

デイオフカウントはない

ビザのためにファームをする人が気になるであろうデイオフカウントなんだけど、残念ながらコスタにデイオフカウントはないんだよね

超優良の最大大手だからそういうとこもきっちりしてるんだよね、ペイスリップにしっかり勤務日が記載されるからデイオフカウントは誤魔化せない

ただ時給制の仕事の場合は、勤務日数に関係なく1週間に38時間働くと7日カウントになるよ

雨天でも場所によって(屋根のあるなしによって)は休みになるけど、シーズン中は14日まで連続で働くことができるからできる限り早く88日を終わらせたい人にはいいよね

 

 

アコモデーションは自分で見つける

よくあるファームと家がセットになってるって感じではないから、アコモ(住まい)は自力で探す必要があるよ

ファームの近くにはワーカーが住むような家がたくさんあるし、オフィスに行けばシェアハウス情報が書かれたプリントがある場所もある。あとは最初はバッパーで、Facebook、日豪プレス、ガムツリー、フラットメイトとかいろいろ駆使していい感じの住まいを見つけてね

ちなみにぼくらはタスマニアのとき、コールスの掲示板に手書きでアコモ募集してオーナーを見つけたよ笑

 

 

クビになることもある

あまりにもピッキングが遅過ぎて、でもどの部署も人がいっぱいってなったときはクビになる可能性もあるよ

一回クビになっても戻ってこれたりするんだけど、時間もお金ももったいないからね〜、頑張ってトップを目指しましょう!

 

 

まとめると

ぼくらは合計で3ヶ所のコスタファームで働いていたから、ネットの情報とか見ると「それはそこだけの情報だろ〜?」って思うこともあったり、アプライから採用されて働くまでが大変!ってあったりして、意外とそうでもないよ?って言いたい

場所によってシーズンは違うけど、ハイシーズンが始まる1ヶ月前にアプライし始めれば案外余裕で入れると思う

もし準備なしでいきなりオーストラリアに来てファームに突っ込むと悪徳に引っかかり、時間とお金と労力を無駄にするだけじゃなく最悪セカンドビザをとれないなんてこともあるから、いい所に入って確実に稼ぎつつセカンドビザをとりたい人は準備していこうねって話でした!

おわーり

2 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です