デザイン制作実績はこちらをクリック

ワーキングホリデー前の歯医者。絶対に行くべき3つの理由とは?

「ワーキングホリデー 準備」とかで検索をかけるとよく公的手続きと一緒に出てくる歯医者に行っとけよ情報、それは一体なぜなのか

ミロク

ミロクです(@mirokurocloverZ)

オーストラリアで働いてるとき、日本人の後輩に「ミロクさんこっちで歯医者とか行ったことあります?」って聞かれて、虫歯できちゃったって言ってたんだけど

「日本出る前にちゃんと行った?」って聞いたら「行ってない」って言うからばっきゃろう…って心の中でめっちゃ思ったよね

なぜワーキングホリデー前に歯医者行ったほうがいいの?

理由その①海外の歯医者は値段が高い

財布の写真

ミロク

日本出国前に歯医者に行っておいたほうがいい理由は海外における歯医者の医療費の問題ね

高いのよ医療費が。日本では歯科による医療費は国民保険で3割の負担で大丈夫なんだけど、海外だったら国民保険の適応外ってなることが多くて、ほとんどの人は民間の保険に加入してるんだよね

歯科治療にも適応の海外保険もあるかもしれないんだけど、いざ海外に行って海外の治療で病院に通うってするしょ?

しかもお金と保険の心配をしないといけないから、海外での生活を楽しめなくなるかもってことを考えると、歯に不安があってもなくても日本で自分の歯の状態を確認しておいた方が絶対良いと思うわけよ

理由その②歯は命に関わるから

ミロク

歯ってなんでそんな大事なの?って歯は人間の身体の中で一番固い部分だからね!?

歯の病気はマジで命に関わる

歯が悪いと噛めなくなるから、食べ物が食べれなくなるんだよね。だから矯正とか、あんなの整形と一緒じゃねえか!って人もいるけど違うから

ブサイクは病気じゃないけど歯並びガッタガタは最早病気よ?

整形を否定する気はないんだけど、矯正って治療だもん。歯医者の営業じゃないよ??

理由その③海外の歯医者の衛生面は不安

ミロク

海外の歯科医療技術は日本より全然進んでいるらしくって、腕前とかはとくに問題ないみたい

もちろん日本と一緒で歯医者さんによると思うんだけど

海外で銀歯とれて海外の歯医者さん行って、なにごともなく銀歯つけ直して無事帰国したひともいるからね、技術とかの心配はないと思う。多分

ただ衛生面はね!ワーキングホリデーに行く国にもよると思うんだけど、日本と比べて衛生面の不安はあるよね。歯医者行って見たはいいものの、大丈夫かなこれ…って感じだったら嫌じゃん?

行く国にもよるけど、経験談はその国名、ワーホリ、歯医者ってワードで検索かけるとけっこう出てくるから不安なひとは調べて見てみるといいでしょう

ワーホリ前の歯医者をまとめると

ミロク

ワーキングホリデー前に歯医者に行っておいた方がいい3つの理由をまとめると
  1. 海外の歯医者は治療費が高い
  2. 歯は人体の中でも命に関わるぐらい大事な部位
  3. 海外の歯医者の衛生面が不安

 

ぼくは会社を辞める前の保険で歯医者に行きました

会社を辞めてワーホリに行こうと考えている人は、会社を辞める前に歯医者に行くことをおすすめします

最悪半年とか歯医者に通わなきゃならないってことになるとめっちゃ面倒だから、やっぱり直前じゃなくて前もって行くのがベストでしょう

もっと言うと歯医者さんは定期的に行くようにしようねって話でした!

おわーり

アイキャッチ画像 オーストラリアワーホリの留学エージェントはこの2つで間違いない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です