デザイン制作実績はこちらをクリック

はてなブログとワードプレスってどっちがいい?両方を運営した僕の結論

アイキャッチ画像

「ブログを始めたいけどブログサービスっていっぱいあってどれを選んでいいかわからない!」

「はてなブログとワードプレスって結局どっちがいいの!?」

そんな疑問に答えるよ

ミロク

ミロクです(@mirokurocloverZ)

ぼくは現在はてなブログとワードプレスでブログを運営しています。この記事は実際にどのブログサービスを使って運営していこうか迷ってる人に参考になると思うよ!

はてなブログとワードプレス結局どっちがいいの?

ミロク

ブログを始めようとして、どのブログサービスがいいかを調べたとき、だいたいこの2択っていうところまで行き着くと思う

さらにブロガー界隈、アフィリエイター界隈はその中でもワードプレスを推すっていう印象なんだけど

ぼくの中での結論は、あなたによるです

元も子もないことを言ってるようだけど詳しく解説してくよ

はてなブログとワードプレスの違いは?

お金の写真

ミロク

もちろん、メリットとデメリットそれぞれあるんだけど。

一番大きな違いとして無料か有料かっていうのがあるんだよね

人が何かを始める上で無料有料か、この2つの違いはめちゃくちゃ大きいと思う

はてなブログは無料でできるけど、ワードプレスはドメインサーバーが必要になってくるからお金がかかるんだよね

「たかがブログにお金かけてまでやりたくねーわ」っていう人は迷わずはてなブログになるし

「このブログである程度のお金を稼ぎたいと思っているから、多少の費用がかかってもいい」っていう人は、はてなブログの有料版かワードプレスってなる

はてなブログを選択する場合

ミロク

「別にブログでお金稼ぐとか考えてない、ただの日記だし」っていう人は、はてなブログじゃなくても他の無料のブログサービスでもいいと思う

けど、ぼくはここでははてなブログを推すね。理由をいくつか説明すると

はてなブックマークとか独自の文化がある

はてなブログには他のブログサービスにはない独自の文化があって、ここでは詳しく書かないけど。それによってブログ立ち上げ当初から割とアクセスがあったりして、これはモチベーションにもつながるからけっこうなメリットだと思う

ただの日記なら手帳とかに書けばいいと思うんだけど、ブログにするってことは少なからず誰かに見てほしいみたいな欲求がちょっとはあると思うんだよね、それが継続のモチベーションにもなるし

やったことある人ならわかるけど、ブログって最初は本当に誰にも読まれないからね、無人島で独り言をつぶやくような気持ちになるときがあるくらい誰にも見てもらえない。はてなブログはそのへんがちょっとだけ優しいってイメージ

広告を貼れる

無料のブログサービスって広告を貼れないものがほとんどなのね。はてなブログは無料版からでも広告を貼れるんだけど、制限があったりはてなブログの広告を消せなかったりお金稼ぎには向いてないけど、貼れることは貼れる。これは広告収入の仕組みとかを知れたりするからメリットだと思う

有料版に切り替えることができる

無料のままでいいやって感じなら無料のままでいいし。ちょっと続けられそうだから有料版に切り替えようかなって感じで気楽に方向転換できる。そっちに舵を切りたかったら有料版に切り替えましょう、有料版のことをはてなブログProって言って、あらゆる制限はなくなり、はてなの広告も消せる

ブログ初心者に優しい

あとは他のブログサービスに比べて初心者に優しい印象があるかな。ブログ書くのがなんとなく簡単

オシャレでかっこよくて可愛いい無料のテーマもたくさんあって、ブログの見た目を自由にデザインしやすいのもいい。ネットにははてなブログ初心者に向けた記事が山ほどあるし、とにかく優しい気がする

あわせて読みたい
グーグルアドセンス受からない人へ。信じた情報、無視した情報を紹介

ワードプレスを選択する場合

ミロク

こっちははてなブログに比べてかなりハードルが上がる

お金をかけてサーバーとドメインを用意しないといけないのは、今までブログなんてしたことない人にとってはかなりハードル高いと思う

そのぶんメリットはあるからこれから本気でブログやるぜ!って意気込んでいる人に向けては最初からワードプレスで運営したほうがいいって声が多いよね

ネットに情報は山ほど落ちているから、いざ始めるまでに道に迷うことはないと思う。めんどくさいってだけ、それはちょっとの熱量で余裕でこえれるよ

重要なのは行動と継続

ランニングしてる女性の写真

ミロク

この記事を読んで実際にブログを立ち上げるとこまで行く人はきっと半分もいないと思う。

ここから先は、そんな少数派で本気のあなたに向けてアドバイスするよ

ブログがどんどん楽しくなってきて、本気で継続していけば行くほど、絶対にどっかで全部リセットして最初からやり直したくなるときがくるんだよ。ぼくも妻もそうだった

そりゃいきなり初めたブログが大成功するなんてそんなこと絶対にありえなくて、今大成功してるブロガーさんはだいたいその前に何個かブログ作ってるんだよ

だから最初はどっちでもいいんだよ

あなたがもしめちゃくちゃ継続する自信もモチベーションもある!っていうならいきなりワードプレスで有料テーマ買ってゴリゴリに突き進んでもいいし

ちょっと継続できるかどうかはやってみないとわかんない、って人ははてなブログの無料版からスタートでも全然いいと思う

ドメインと被リンクとオススメモデル

ミロク

ここからは少し突っ込んだ話になるんだけど、こういう流れで運営していくといいよっていうオススメモデルも紹介したいと思います

ワードプレスと有料版はてなに必要なドメインっていうネット上の住所みたいなやつがあるんだけど。ドメインは「強い」とか「弱い」とかっていう表現をするのね。もちろん立ち上げ当初のドメインは弱くて、弱いとあんまり多くの人にブログが見られないってイメージでオーケー

はてなブログからワードプレスにブログを引越しするっていうのが可能なんだけど、ぼくはこれをやらずに完全に0からワードプレスを再始動しました

このとき、はてなブログで運営してた自分のブログは月間1万PVぐらいまで育ててたから、そのドメインを捨てるのはもったいないっていう表現をするのね

被リンクっていうのは、外部のサイトやブログから自分のブログのリンクを貼ってもらうこと。「被リンクがついたブログのドメインは強くなる」らしいのね、これを踏まえてぼくのオススメモデルとしては

  • STEP.1
    はてなブログ無料版で始める
    まずは無料版で始めて、ブログっていうのはどういうものなのか、なんとなく把握する
  • STEP.2
    はてなブログ有料版にする
    なんとなく続けられそうだと感じたら、ドメインを取得して有料版に切り替える。ここで広告を貼ることにもチャレンジ
  • STEP.3
    ワードプレスを始める
    壁にぶつかったり、全てが気に入らなくなり、0からやり直したくなってワードプレスを立ち上げる
  • STEP.4
    被リンクをつけることで強くてニューゲームが可能に
    せっかく今まで運営してきてある程度強くなったドメインを活かさない手はない。ワードプレスで書いた記事のリンクを前のブログの記事に貼りまくることでドメインを強化

はてなブログとワードプレスそれぞれの料金感覚

ミロク

はてなブログ有料版のことをはてなブログProって言うんだけど、年間割引を採用していて料金は以下。
  • 1ヶ月コース(30日) : 1,008円(税込)
  • 1年コース(365日) : 8,434円(税込)30%割引
  • 2年コース(730日) : 14,400円(税込)40%割引

これにプラスしてドメイン契約にかかる費用は〜.jpや〜.comとか種類によってまちまちなんだけど、特にこだわりがなければ300〜1000円 / 1年って感じかな

一方ワードプレスは

  • サーバー(月額) : だいたい1,000円前後
  • ドメイン(1年) : だいたい1,000円前後
  • 有料テンプレート(初回のみ) : だいたい15,000円前後

有料テンプレートは「テーマ」とも呼ばれていて、別に無料でもいいんだけど、有料にしといたほうが圧倒的に時間短縮にはなると思う。理由は簡単にカスタマイズや装飾が楽だから

はてなブログとワードプレスまとめると

ミロク

オススメはどっちかっていう質問に対しては、あなた次第ですとしか答えようがないんだよね。

ブログに対するあなたの姿勢だったりスタンスだったり、どういう動機で始めるかによると思う

  • 別に稼げなくていい、日記でいい→はてなブログ
  • ブログなんて今まで一回もやったことないけど頑張りたい→はてなブログ
  • 今までもけっこうブログとかやってて、今回は本気で運営して稼いだりしてみたい→ワードプレス

こんな感じかな

あとはちゃんと行動に移すかどうかだね。行動した上での失敗は実は失敗じゃなくて成功への近道なんだけど、一番の失敗はもちろん、何も行動せずに何も生み出さないこと

ともあれブログはなんだかんだ楽しいから、まずはどっちか決めてさっさと始めようって話でした!

ブログを本気で頑張りたい!ブログで稼ぎたい!って思ってる人はこちら↓↓

アイキャッチ画像 ワードプレスで稼げるブログの始め方を5つのステップで紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です