デザイン制作実績はこちらをクリック

【祐徳稲荷神社】佐賀旅行におすすめの神社は日本三大稲荷のひとつ

「佐賀旅行でおすすめはどこ?」

「祐徳稲荷神社ってどんなとこ?」

そんな疑問に答えるよ

ミロク

ミロクです。(@mirokurocloverZ)

佐賀県旅行で祐徳稲荷神社に行ってきたぜ

せっかく行って来たから写真と一緒にリアルなレポをまとめてみました

これから行きたいひとや、行った気分になりたいひとはぜひ読んでみてね!

祐徳稲荷神社


祐徳稲荷神社へのアクセス

福岡市内から
JR長崎本線 特急 博多駅~肥前鹿島駅(約1時間)
タクシー 肥前鹿島駅~祐徳稲荷神社(約10分)

佐賀市内から
祐徳バス JR佐賀駅~祐徳稲荷神社(約1時間半)

長崎市内から
JR長崎本線 特急 長崎駅~肥前鹿島駅(約1時間)
タクシー 肥前鹿島駅~祐徳稲荷神社(約10分)

佐賀空港から(約40km)
エアポートリムジンタクシー 佐賀空港~JR肥前鹿島駅(約50分)
タクシー 肥前鹿島駅~祐徳稲荷神社(約10分)

長崎空港から(約35km)
タクシー 長崎空港~祐徳稲荷神社(約1時間)

無料駐車場もあります(3,000台ぐらい)

裕徳稲荷神社のみどころ


ミロク

裕徳稲荷神社はなんと言っても日本三大稲荷のひとつに数えられているだけあって規模が壮大!

日本三大◯◯って響きがとりあえずかっこいいよね

ちなみにあとの二つは京都の伏見稲荷大社と茨城県の笠間稲荷神社

そもそも稲荷って?

稲荷様の写真

お稲荷さんってよく言うよね、狐の神様のことかな〜なんてざっくり思ってたけど、そもそも稲荷とは?

「稲荷」イコール「狐」ってイメージはけっこうあると思うんだけど、実際は狐っていうのは稲荷神の神使であって稲荷そのものではないらしい

祐徳稲荷神社入り口

神社の入り口の写真

神社入り口の圧倒的な壮観。めっちゃかっこいい!!これは日本三大稲荷ですわ

左下に岩が見えるのわかります?

池の写真

よく見るとお賽銭が岩の上にありますね

みんな橋の上から投げるんだけど、うまく岩に乗らないんだよね

願いごとをしながらお金を投げて岩に乗れば願いが叶うとされています

神社の中の写真

本殿下の広場には観光客めっちゃいっぱいいた!

浴衣の写真

浴衣が映えるね!

さっそく登るぜ

神社の写真

上からの景色。この時点でけっこう高い

外の景色の写真

「佐賀の清水寺」と言われているほど高い

向こうに見える山がまたきれいだね

けっこう高いって言ってもこれはまだ序の口というか、なんならここまでは最近できたエレベーターで来れるっていうね

乗ると運気が上昇するエレベーターなんだとか。有料なんだけど、300円でおみくじつきです

目指すは祐徳稲荷神社の山頂の奥の院

神社の階段の写真

本殿の脇から奥の院へ続く参道があります、ここからが本番です

鳥居の写真

鳥居の写真

うおおぉぉ!

連続する鳥居が神秘度を加速させる!

鳥居の写真

ゆるやかに登ったり

鳥居の写真

下ったり

神社の写真

切ったような岩の間を抜けると

鳥居の写真

さらに登ります。ここからは足場がかなり悪くなっていて、タイムスリップしたかのような気になったよね。年配の方たちは本当に大変そうだった、文字通り登山って感じだもんね

鳥居の写真

登りきるとようやく奥の院です、ここまで来ると下の広場のような人ゴミはなく、けっこう静かです

鳥居の写真

帰りは別のルートで下山しました、このルートがまた傾斜きっつい

でも景色がすごかったのと頂上付近は風がかなり気持ちよかった

祐徳稲荷神社まとめると

ミロク

もし奥の院を目指すなら服装は動きやすいもののほうがいいかも

お土産さんもご飯食べるとこもあるから、佐賀県の観光としてはかなりオススメです

祐徳博物館ってのも駐車場らへんにあって、昔の絵とか刀とか甲冑とかあるよ

祐徳稲荷神社には夫婦円満の神様がいるんだって、だから夫婦や家族やカップルで来て、ゆっくり景色を楽しむといいんじゃないでしょうか

また、季節によって全然違う表情を見せてくれそうなこの神社にまた来たいなって思いました

公式ホームページを参考にしてみてね→祐徳稲荷神社

おわーり

アイキャッチ画像 2019年に国内旅行するなら絶対に行った方がいい場所9選

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です