デザイン制作実績はこちらをクリック

高額な海外旅行保険を180日間も0円にするクレジットカード術

アイキャッチ画像

「無料で作れるクレジットカードに海外旅行保険が付いてるの?」

「クレジットカードについてる海外旅行保険って3ヵ月しか効かないって本当なの?」

そんな疑問に答えるよ

ミロク

ミロクです(@mirokurocloverZ)

セブ島留学、オーストラリアワーホリを経て東南アジアを周遊してると、友達とか知人から海外個人旅行の方法について聞かれることが多くなってきたのね

今回は備忘録がてら「クレジットカードの海外旅行保険をプラス3ヵ月延長する裏技」について知っている限りの全てをまとめて書いてみるよ

こんな人に読んでもらいたい
半年(180日間)の間、無料の海外旅行保険で安心、安全にお得な旅をしたい人

結論。利用付帯のクレジットカードを2枚活用する

ミロク

ぼくは毎回この方法で半年間の間、無料で海外旅行保険に入れています!

海外旅行保険を半年間(180日)無料にする具体的なやり方はこちら

  • STEP.1
    日本を出る前に
    航空券を利用付帯のクレジットカードで購入して保険を起動させる。これで日本を出国してからの3ヵ月間の海外旅行保険は無料に
  • STEP.2
    出国から3ヵ月後
    海外旅行保険が旅行中に切れたら、今度は別の利用付帯のクレジットカードで何らかの公共交通機関の料金を支払い保険を起動させる
  • STEP.3
    半年(180日)が経ちました
    ここまで海外旅行保険は無料

上記が今のところ最も安く海外旅行保険を利用する方法だよ

めっちゃシンプルだよね。要はクレジットカードを複数枚持って行って、1枚目の保険の期限が切れたら2枚目を発動させればいい。これで3ヵ月プラス3ヵ月で半年はタダで保険が効くってこと!

利用付帯とは

利用付帯のクレジットカードとは要するに『海外旅行代金をクレジットカード払いしたら、海外保険が適用されますよ』っていうこと

ここで言う海外旅行代金は公共交通機関(電車、バス、飛行機、タクシー)の支払いに限られるから注意が必要

利用金額に制限はなくて、1円以上の代金を決済していれば対象になるよ

1枚目にオススメのクレジットカード

ミロク

ぼくはいつも日本を出国する航空券を楽天カードで支払って保険を適用させてるよ

楽天カード

楽天カードの画像

これは海外旅行保険の特典がついたカードを利用しているなら、どのカードを利用してもいいんだけど。ぼくの一番のおすすめは楽天カード特徴として、以下点があげれるよ

  • 無料で作れる
  • 年会費は永年無料
  • ポイント還元率が1%と高い
  • 利用付帯の海外旅行保険が付いてる
  • 作るだけで楽天スーパーポイントがもらえる
  • 補償額が他のクレジットカードの海外旅行保険に比べて高い

デメリットは下記の通り

  1. 海外でキャッシングを利用すると、自動的にリボ払いになる
  2. 旅行先(現地)での保険起動ができない

という感じだから、楽天カードの使い方としては

まず日本を出るのに必要な航空券を楽天カードで支払って海外旅行保険を発動させる。あとはうっかり海外でキャッシング利用してしまわないようにリュックの奥底に封印しておいて、万が一のときのための切り札として持っている

※海外旅行保険は航空券を買った瞬間から3ヵ月ではなくて、航空券を買って日本を出国して現地に到着した日から3ヵ月の保険が始まるから、安心して前もって買っていいよ!

公式サイトはこちらから↓↓

楽天カード

2枚目にオススメのカード

ミロク

オススメはこの2種類

三井住友カードVISAカード

三井住友カードの画像

三井住友VISAカードなら保険期間を調整して他のカードと併用することで最大半年まで延長できる利用付帯があるから長期の旅行では絶対に必要な1枚

補償内容は
・携行品15万
・障害治療50万
・疾病治療50万
と限度額が低いのがデメリットではあるんだけど、クレジットカードを複数枚併用するのに持ってて損はないカードでしょう

▶︎保険詳細

  • 年会費は1250円(税抜)。しかしカードの利用があれば無料になる
  • VISAカードなので世界中の店舗・ATMで利用可能。
  • 手数料(利息)は繰上返済時:利息147円〜、繰上返済ナシ:1225~2646円
  • 24時間年中無休、国内外両方で紛失・盗難連絡が素早くできる

などの特徴が挙げられる。繰上返済をすればキャッシングとしての利用価値も高いし、まだ持ってない人は1枚は用意しておきたいところ

公式サイトはこちらから↓↓

三井住友VISAカード

リクルートカード

リクルートカードの画像

「JCB」「VISA」の両方でカードが作成できる。つまり1人でカードを2枚保有できるんだよね

リクルートカードは年会費が無料なうえに、利用付帯の海外旅行保険がついてる超お得なカード

クレジットカードの海外旅行保険は、複数枚もっていると補償額が合算できるから両方作成しておくのがベスト

さらに、VISA/Masterカードの方は、家族会員でも海外旅行保険が適用される。つまり、夫婦で海外旅行する方は、自分のVISA/Masterカードと、相方のVISA/Masterの家族カードと、JCBカードの3枚を作ることが可能!

▶︎保険詳細

あと海外のATMで使える海外キャッシングの機能もついているから、旅行に行くのにこのカードを作らない理由はないんだよね

唯一デメリットがあるとすれば、ポイント還元率が1.2%と高いんだけどポイントを使えるサイトが、リクルートのサービスサイト(じゃらんとかホットペッパー系)のみってことぐらいかな

公式サイトはこちらから↓↓

リクルートカード

海外旅行保険付きクレジットカードの注意点

ミロク

不安や疑問を解消して行くよ
  1. クレジットカード1枚だけでは補償額が不安
  2. 公共交通機関の支払いの条件

海外旅行保険の補償額は合算できる

海外旅行保険付きのクレジットカードの補償額って実際そんなに高くないんだよね

例えばリクルートカードにしても、病気やケガでの補償額が100万円までに制限されている

でも安心して欲しいのが、補償額は合算できるということ。下に簡単な表でまとめてみたよ

補償楽天カードリクルートカード三井住友VISAカード合計
傷害死亡・後遺障害2000万円2000万円2000万円合算されない
傷害治療費用200万100万50万円350万円
疾病治療費用200万100万50万円350万円
賠償責任2000万円2000万円2000万円6000万円
救援者費用200万100万100万400万円
携行品損害20万20万15万55万円

海外旅行にクレジットカードを複数枚持って行った方がいい理由がここにあるんだよね

不安なら「三井住友クラシックカード」等、同様の特徴があるカードを二重で起動させるのもあり。リクルートカードは1人で2枚保有できるし、VISAとJCBと両方で作っておこう

1つだけ注意してほしいのが死亡・後遺障害は合算されないんだよね。補償額の一番大きい金額が適応されるよ

利用付帯、交通費の支払いにも条件はある

「公共交通機関の交通費の支払い」とは言っても乗り物だったらなんでもいいわけではないんだよね。適応される支払いと、されない支払いがあるから注意してね

適応される交通費

  • 電車
  • バス
  • 飛行機
  • タクシー

適応されない交通費

  • 駐車場代金
  • 高速道路の代金
  • レンタカーの代金
  • ホテルまでのシャトルバス
  • UBERなど配車アプリでの支払い

これらの支払い条件はカードによって異なるよ。「適応されない交通費」にあげた内容の支払いでも適応するカードはあるっちゃあるんだけど、できるだけトラブルにならないように確実に適応になる交通費の支払いをすることをおすすめするよ

「保険が適応になると思っていたらならなかった」なんてことが起こらないように、しっかりと手持ちのカードの利用付帯の条件については調べておいたほうがいいね!

クレジットカード払いをしたけど利用付帯の保険が適応されているか不安な場合は、直接カード会社に問い合わせしてみるのがベスト!

海外旅行保険のクレジットカード裏技まとめると

ミロク

クレジットカード会社の海外旅行保険でも合算すれば、保険会社の保険内容と同じぐらいの補償を受けられることを知ったぼくは、クレジットカードを常に5枚持って行っています

海外旅行中は、病気やケガなど、あらゆるリスクが伴うよ。だから海外旅行に行く前に確実にこの3種類のクレジットカードを手元に揃えておいて、賢く節約してね!

  1. 三井住友VISAカード
  2. リクルートカード
  3. 楽天カード

あなたは、「保険に入るなんてめんどくさいし、自分はきっと大丈夫!」と海外旅行保険に入らずに海外に行くかもしれない。でも、もしもあなたの身に何か起きて、いざとなったときに後悔しないように海外旅行保険には入っておいて欲しい

年会費無料で海外旅行保険が付くクレジットカードなら0円で補償がつくんだよ?

作らないなんて損でしかないし、世の中知らずに損をしていることってたくさんあるよねって話でした!

おわーり

アイキャッチ画像 【保存版】国内外を旅するノマド夫婦の旅行の持ち物リストまとめ!

6 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です