デザイン制作実績はこちらをクリック

ジャラン・アロー通りの行き方と楽しみ方とは?マレーシアにあるアジア最大級の屋台街

「マレーシアってどこを観光すればいいの?」

「ジャラン・アロー通りってどうやって行くの?」

そんな疑問に答えるよ

ミロク

ミロクです。(@mirokurocloverZ)

フィリピンからオーストラリアに飛行機で行くときマレーシアを経由するんだけど、マレーシアの空港で次のフライトを待つ時間が12時間とかあったのね。これは観光するっきゃない!ってことで夜中のフライトまでにどうしても行きたいところがあったから行きました。それがアジア最大屋台街「ジャラン・アロー通り」

この記事では、「ジャラン・アロー通り」の行き方と楽しみ方とどんな雰囲気なのか知りたい人に参考になると思うよ!

ジャラン・アロー通りの行き方

f:id:net_space:20170112093420j:plain


ミロク

ここでは最寄りの空港をクアラルンプール国際空港に降り立ったと仮定しまするよ。

クアラルンプール国際空港のことをKLIA(クリア)って言うんだけど、そこからKL Sentral Stationブキッ・ビンタン駅を目指します

KLIAからKLセントラルまでの主な3つの行き方を紹介します(値段は2018年)

バス

所要時間:約1時間
料金:12リンギット(片道およそ300円)

エクスプレス

所要時間:約30分
料金:55リンギット(片道およそ1,400円)

トレイン

所要時間:約45分
料金:55リンギット(片道およそ1,400円)

時間はあるけど安く済ませたい人は往復バスがオススメ。クーラーめっちゃ寒いから上着とか持ってたほうがいいかも

普通のトレインは各駅停車だから、どっか寄って行きたいって人以外は直通のエクスプレスをオススメします

f:id:net_space:20170114155105j:plain

f:id:net_space:20170114155230j:plain

f:id:net_space:20170114155314j:plain

エクスプレスはピンクが目印、日本語でも書いてたりするから割と簡単

f:id:net_space:20170114155307j:plain

チケット売り場がここ

f:id:net_space:20170114155313j:plain

これがチケット。気持ちいいぐらいのピンクで統一されているね

ちなみにKLIA2がLCCのターミナルになっています

KL Sentral Station

f:id:net_space:20170114160055j:plain

写真じゃ伝わらないと思うけどめっちゃでかいショッピングモールです

ここからブキッ・ビンタン駅まではモノレールで行きます

f:id:net_space:20170114155928j:plain

これに乗ります

f:id:net_space:20170114155950j:plain

モノレールは緑が目印

行く途中に切符(コイン)を買う自販機のようなものをいくつか発見できます

f:id:net_space:20170114160148j:plain

これです

ブキッ・ビンタン駅までは2〜3リンギット(およそ50〜80円)で行けます

f:id:net_space:20170114161657j:plain

これが切符(コイン)です

f:id:net_space:20170114160223j:plain

行きはsuicaみたいにピッてやります

f:id:net_space:20170114161713j:plain

帰りはここに切符(コイン)を入れます

f:id:net_space:20170114162527j:plain

KLセントラルから始発だからTITIWANGSA行きに乗ってブキッ・ビンタン駅で降ります

10分から15分ぐらいで着きます

f:id:net_space:20170114160304j:plain

改札を出ると上の写真のような場所に出て、ここを右に階段を降ります

商店街の路地裏を抜けると目的地が見えてきます

ジャラン・アロー通りの楽しみ方

f:id:net_space:20170114165042j:plain

ミロク

日中は車の行き交う普通の通りなんだけど、夜になるにつれて徐々にテーブルとイスが出てきます。

f:id:net_space:20170114164918j:plain

f:id:net_space:20170114164851j:plain珍しい果物もいっぱいあって、写真下はランブータン、食べるとライチのような食感と味です

こんな感じの出店が通りにたくさんあって面白いです

そう、アロー通りの楽しみ方、それはずばり

食べ歩きはしご酒です!

f:id:net_space:20170114164903j:plain

名物のサテーと呼ばれる串焼きを食べながら通りを練り歩きます

写真の上段が主に肉で、豚肉が多かった印象

下段が海鮮、でかいエビがうまい!どちらもその場で焼いてくれます

f:id:net_space:20170114164524j:plain

果物も串にしちゃえ!って感じで売られてる

ここに来たらぜひ試してほしいのがこちら↓

f:id:net_space:20170114164939j:plain

カエルです

ミロク

いやあぁキモイぃぃい!ぜったいむりィ!まぢ無理ィ!

って人もここに来たら勢いで食べれてしまいます、せっかく来たからね?つって

焼いたあとの様子がこちら↓

f:id:net_space:20170114170417j:plain

別の串焼きと一緒に写っちゃってるけど、なんとなくカエルの形は残ってるからわかるよね?食感は鶏肉に近かった!美味しい

f:id:net_space:20170114164909j:plain

マレーシアといえばタイガービール!サテーをつまみに飲みます(うまい

f:id:net_space:20170114165025j:plain

f:id:net_space:20170114165057j:plain

屋台だけじゃなくて普通のレストラン的なのもあるし、タイガービールガールもいます(年齢は高め

マレーシアは多国籍国家だから料理も中華料理、タイ料理、インド料理と様々

それにともなって観光客も実に様々な国籍の人々で通りが埋め尽くされていて、それを横目に料理と酒を楽しむ。締めのデザートも格別です

f:id:net_space:20170114164529j:plain

ココナッツの実を皿にしたココナッツアイス。トッピングが自由なのも魅力的でした。写真はナタデココとチョコチップ

ジャラン・アロー通りまとめると

ミロク

マレーシアという国はほんとうに近未来的というか大都市でした。

近代的な開発が進んでいる一方でこのようなアジアの熱気を感じられる場所はとても魅力的だし、また行きたいと思ったよね

マレーシアに来たらぜひ、アロー通りに立ち寄って様々なメニューに挑戦してみてくださいって話でした!

おわーり

マレーシア料理アイキャッチ画像 マレーシアの物価はどれぐらい?クアラルンプール10日間の料理とか紹介

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です