Design Portfolio

オズハーベストマーケットとはシドニーにある全商品無料スーパー

アイキャッチ画像

今までありそうでなかった全ての商品が「無料」のスーパーマーケットがシドニーにあるよ!

 

ミロクです

オーストラリアのスーパーでもフリーフードって言う日本の「試食」みたいなものがあって、こども用に果物が置いてあったりするんだけど。スーパーに限らず公園とかインド系の寺院とかで定期的にやってる無料の炊き出し(フリーミール)みたいなものも各地であることから、「食品ロス問題」に対する意識が高い文化だと言えるよね

ミロク

そんなオーストラリアの首都シドニーに、全商品無料のスーパーができたよ!

 

 

オズハーベストマーケットとは

f:id:net_space:20170708120701j:plain※出典http://www.ozharvest.org/

ミロク

オズハーベストマーケットはシドニーの南部、ケンジントン(Kensington)にあるよ!

平日の午前10時から午後の2時まで開店していて毎日150人ほどが来店するそうで、約2,000点の品物は果物とか野菜を中心にパンやビスケットなんかもあるよ

驚くことにすべての商品に値札はなく、約200平方メートルの店内にレジもない

 

 

オズハーベストマーケットはどのようにして運営してるのか

f:id:net_space:20170708120712j:plain

f:id:net_space:20170708120709j:plain※出典http://www.ozharvest.org/

ミロク

賞味期限が切れる前でも処分されちゃうような食品を大手スーパーとかから譲り受けることでそれを提供してるんだね

オーストラリアの大手スーパーっていうのはWoolworthとかColesとかのことね

そしてスーパーのお客さんには自分の意思で寄付ができる、専用の箱を店内に設置。なんと開業から5週間で20,000ドル(日本円にしておよそ170万円)が集まったんだって。すげえ

運営している団体は食事提供の事業を展開していて、寄付はその費用にあてられると

その団体とは?

 

 

 

市民団体「オズハーベスト」

2004年の11月以来、オーストラリア国内各地で支援が必要なひとたちに向けて計6,500万食を提供してきたオーストラリアの市民団体「オズハーベスト」

オズハーベストの目的は

  1. 良い食べ物が無駄にならないようにすること
  2. 誰もが利用できるようにすること
  3. 国を豊にすること

オーストラリアの「ローカルヒーロー・オブ・ザ・イヤー2010」に輝いた団体の最高運営責任者ロニ・カーン氏は

「まだ食べられるのに破棄されてしまう食品ロス問題に対する意識を高めてもらうのと同時に生活に困っている人たちへの支援も狙っている」

「各産業が我々に影響を受けてより多くのオズハーベストマーケットが現れるのを見たいです」

ってオズハーベスト公式サイトで言ってるんだけど立派だよね

 

 

 

 

まとめると

個人的にはオズハーベストっていう団体が黄色と黒をテーマカラーに設定し、さらに扱っている書体も極太の丸ゴシックに統一しているとか、いち市民団体ながらに将来をさらに期待できるブランディングだなと思ったよ

f:id:net_space:20170708120715j:plain※出典http://www.ozharvest.org/

↑運営最高責任者ロニ・カーン氏も黄色と黒の衣服で徹底している。強そう

 

第二、第三のオズハーベストマーケットがオーストラリアにできたらいいなあ。シドニーに住んでいるひとはぜひ一度行ってみてくださいって話でした!

おわーり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です