デザイン制作実績はこちらをクリック

パスポートの取り方を初心者向けに3ステップで徹底解説!

「パスポートが必要になった!でもどうやって取ったらいいのかわからない!」

「パスポートなんて作ったことがないから不安でしょうがない!」

そんな声に答えていくよ!

 

 

ミロク

ミロクです(@mirokurocloverZ)

 

 

日本から海外へ行く際に必ず必要なものが「パスポート」です。身分証明にもなる優れもの

日本のパスポートは世界から見てもトップクラスだからとっておいて損はないと思う

じゃあさっそく見てくよ!

 

 

ステップ1.役所で「住民票の写し」と「戸籍謄本」を入手しろ

ミロク

まずは市役所区役所か、とにかく住民票の写し戸籍謄本が手に入る場所に行こう!

 

窓口で「住民票の写し戸籍謄本を下さい」って言えば必要事項を記入する用紙があるから書き込んでねって言われるよ

 

戸籍謄本をゲットするとき、自分の本籍がどこかあらかじめ記憶しておく必要があるんだけど、ぼくはうろ覚えだったためにその場でテンパったよね

 

 

住民票の写しと同時にゲットするんだったら、住民票の写しに本籍を載せたものを指定することで、本籍が記載された住民票をゲットすることができるから、たとえ忘れちゃっても問題ないんだけどね

このとき、市役所に持ってくものとしては

  1. 身分証明できるもの
  2. 住民票の写し取得のための料金
  3. 戸籍謄本取得のための料金

この3点だけだよ

ステップ2.住民票の写しと戸籍謄本を持って「総合庁舎」というところに行け!

ミロク

総合庁舎は市役所のさらに大きいところとってイメージ、ぼくも初めて行ったときはあまりの広さに普通に迷子になりました

 

おじいちゃんおばあちゃんもよく来るから案内図とかわかりやすく表示されてるとこも多いんだけどね、なんで迷子になったんだろう

「パスポート」とある窓口を探しましょう

 

パスポートには顔写真が必要なんだけど、このとき事前に撮って持ってくる必要はありません

だいたいその場で撮れるんだよね

総合庁舎の施設とか、隣接してる建物内に証明写真を撮る機械があって、そこで撮ってきてくださいって言われるよ

このとき、帽子とかマフラーとか顔が隠れるものはダメって言われるからとってね

写真についても細かい説明がされると思うんだけど、写真を撮ってからトリミングを機械の中で自分でできるから安心してください。(必ず窓口で説明を受けてから撮りに行ってね)

 

写真を窓口に提出したら、次は必要事項を記入する紙を渡されるから指示に従って書いてください

 

いつぐらいに海外に行くのか、どれくらいの期間行くのか、いろいろ聞かれるんだけど個人的に一番テンパったのが「自分が国外にいるときに連絡をとれる国内の人はいるか」って質問

ぼくは母親にして母の連絡先を書きました。間柄も聞かれたなぁ

 

申請はこんな感じでわりとあっさり終わります。時間にしておよそ30分前後ってとこかな

総合庁舎のパスポート窓口にて必要なものは、

  1. 写真代
  2. 住民票の写し
  3. 戸籍謄本
  4. 身分を証明できるもの

これだけです。印鑑とかいるのかなぁって思って持ってったけど別にいらなかった

関連記事
海外留学に行くことへなかなか踏ん切りがつかないあなたへ

ステップ3.あとはパスポートが総合庁舎に届くのを待ちます。

ミロク

いつ頃届くかは窓口で教えてもらえます

引換券のようなものを渡されるから日にちが来たらそれを持ってもう一回総合庁舎に行って、パスポートを受け取ってください

そんな人はいないと思うけどパスポートが届いてから1年間受け取りにこなかった場合は無効になるみたいなので気をつけてね

パスポートを取得するためにまとめ

まとめると

  1. 住民票の写し戸籍謄本が手に入る場所(市役所とか区役所とか)に行こう!
  2. 住民票の写しと戸籍謄本と身分を証明できるものを持って総合庁舎へ行こう!
  3. パスポートが届いた連絡を受けたら取りに行こう!

ミロク

こういうのはインターネットで検索すれば簡単に答えが出てくる時代

ロールプレイングゲームの主人公になったつもりで 、この記事を攻略本にして楽しくパスポートを取得できたら幸いですって話でした!

おわーり

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です