デザイン制作実績はこちらをクリック

予約は英語で?ReservationとAppointmentの違い

「お店の予約を英語でしたいんだけど何て言ったらいい?」

「ReservationとAppointmentの違いって何?」

そんな疑問に答えるよ

ミロク

ミロクです。(@mirokurocloverZ)

英語で電話予約するときの言い回しにReservationとAppointmentがあるんだけど。今日はその使い分けについて書いていくよ

みなさんは英語で電話予約をしたことがありますか?

日本でも電話予約は毎回緊張するという人も少なくないはず。だって相手の顔が見れないから声色だけでいろいろと判断しないといけなかったりするもんね。それに加えて英語だと相手の言ってること、自分が伝えたいことを同時に理解して会話を進めていかないといけないから、いざ話してみるとスムーズにいかないなんてこともありえる

そこで今回は「Reservation」「Appointment」どちらも予約という意味ですが、このふたつの違いを説明しながら実際の電話予約をみていきましょう

英語で予約してみよう

ミロク

レストランの予約をすると仮定します。(レストラン名は仮です)

「Thank you for calling MIROKU restaurant.  How may I help you?」

とか

「Hello, this is MIROKU restaurant, how may I help you?」

(MIROKUレストランにお電話ありがとうございます)

まずはこんな感じの出だしで相手が話始めるかと思います

注意
ここでは店の名前が間違ってないかだけ注意して確認してね

「Hi I’d like to make a reservation.」

(もしもし、予約したいんですけど)

ここでの予約という意味の英語は「Reservation」を使います

よくレストランとかホテルとか、場所の予約をとるときに使われる表現だね

だからここではレストランの席(テーブル)の予約という意味でReservation、もしくは「Book」を使います

「予約をする」= reserve a table/book a table これを覚えておこうね

「When is your reservation for?」

「For when, sir?」

どちらも(いつきますか?)という質問です

「I’d like to reserve a table for three for tonight.」

(今夜三人で予約お願いします)

このようにhow many people?(何名様ですか?)と聞かれる前にいっぺんに全部さらっと言ってしまうのも手でしょう

とくに英語に自信がない場合に、会話のキャッチボールを少なくするっていうのもひとつのテクニックです

「Could I have your name and telephone number please?」

(お名前とお電話番号よろしいでしょうか)

次にこういう風に聞かれると思います。名前と電話番号を言いましょう

最後にThank you. See you then(明日ならtomorrow).

と締めて終わりです

Reservationは「場所の予約」を表すのに対して、Appointmentは「人との約束」という意味の予約を表します。

例えば取引先の人やお医者さん、弁護士さんのような特定の人と時間を決めて会う場合はAppointmentを使うようにしましょう。

予約を英語でして実際に約束の場所についたら

ミロク

予約をとったのはいいけど、それをサラッと英語で伝えられないのはなかなかにカッコ悪い。

under the name of ◯◯◯◯  (◯◯◯◯は予約したときの名前) という表現を使い、一回で必要な情報を全て伝えましょう

「Hi. We have a reservation at 7 under the name of ◯◯◯◯」

(今日の7時に予約してた◯◯◯◯ですけど)

「We have been waiting for you. Follow me please.」

(お待ちしておりました、こちらへどうぞ)

予約を英語で言うまとめると

ミロク

レストラン以外でも使える表現なので覚えておきたいですね。

ReservationとAppointment、あとはインターネットでの予約とかにbookを使うことが多いんだけど、bookのニュアンスはReservationに近い気がします。そんな感じで、状況に応じて使い分けていってくださいって話でした!

おわーり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です