デザイン制作実績はこちらをクリック

クオッカに会いにロットネスト島へ!船のチケットの取り方と行き方を紹介

アイキャッチ画像

「人生で死ぬまでに一度でいいからクオッカを見てみたい」

「でもロットネスト島への行き方がわかんない」

そんな疑問にこたえるよ!

ミロク

ミロクです。(@mirokurocloverZ)

世界で一番幸せな動物、クオッカに会いと思ってるあなた!

でも自力でクオッカがいるロットネスト島へ行く方法がわからない!って感じで困ってませんか?

この記事ではそんなあなたのためにロットネスト島への行き方を写真を交えて紹介してるから、行った気分になりたい人も参考にしてみてね!

ロットネスト島とは

ミロク

オーストラリア西の都、パースから沖合およそ20kmに位置する小さい島だよ!

ロットネスト島は島の半分以上が手つかずの自然で、A級自然保護に指定されている国立公園なんだって

ロットネスト島への行き方

ミロク

ただロットネスト島の様子を見てみたいって人はこの見出しをとばして、「ロットネスト島へ上陸してみた!」までスキップしてもいいよ、目次からいけるようになってるからね。

ロットネスト島へは飛行機で日本からオーストラリアのパースへ

まずは飛行機で西オーストラリアのパースへ向かおう。パース空港は西オーストラリアの玄関口、市内までのアクセスも割と近くて簡単

ロットネスト島へのフェリーの予約方法

ロットネスト島へはロットネストエクスプレスっていう会社のフェリーに乗ってね。パースから出てて、年中無休で運行してるよ

チケットを事前にネット予約しときましょう。まずはフェリーのサイトへアクセス

Rottnest Express公式

船スクショ画像

アクセスしたらトップページ左上の「FERRY」にカーソルをあてて、「Book Ferries」をクリック

船スクショ画像

  1. 往復(RETURN)か片道(ONE WAY)か選ぶ
  2. どこから乗るか選択する
  3. どこへ行くのか選択する(一番上のRottnest Islandを選んでね)
  4. 日付を指定する
  5. 人数を指定する

ここで重要なのは乗る場所ね

パース周辺地図の画像

①パース・バッラクストリート桟橋

パースの主要ホテルから徒歩でアクセス可能。パース市内を走る無料バス、CATバスのブルーを利用してもいいし、もしパースで1泊してから行くならここ

②フリーマントル・ビクトリアキー

フリーマントルの駅(Fremantle train station)から徒歩5分

③ノースポート・ラウスヘッド

フリーマントル市内の北側に位置するフェリー乗り場。300台収容可能な駐車場設備があるよ。もし車で行くならここ

船スクショ画像

船に乗る時間を決めるよ。時刻表はこちら

パースの海岸からインド洋の沖合およそ20kmまで高速艇でたったの30分なんだけど、便によっては1時間とかあるから確認してね。オススメは朝便、人が少ないから快適だよ!

船スクショ画像

EXTRASでいろいろ借りたりアクティビティを追加できるんだけど、強くオススメしたいのが自転車

大人用自転車とヘルメットが1日$30から借りれるんだけど、これがめっちゃくちゃいい!

ロットネスト島って意外に広いのね。で、クオッカがたくさんいるポイントみたいなのが島にいくつかあるの。島内のバスツアーとかもあるけど、自転車乗って島を巡るのが超気持ちいいよ!
もちろん子供用もあるよ

ミロク

自転車以外にもシュノーケリングとかも借りれるよ!

船のスクショ画像

ノースポートのフェリー乗り場には駐車場があるからここで事前に予約できるよ

他にも島に持ち込みたいものがあったら(自転車とかサーフボードとか)下のほうにそれぞれの値段が書いてあるから事前に申し込んでおいてね。具体的には「+」のマークをクリックして数を指定してあげてね

船スクショ画像

あとは個人情報入力してクレカとかで支払えばオッケー。登録したメールアドレスにチケットのPDFとQRコードが送られてくるよ

事前に印刷して切って持ってくることになってるんだけど、送られてきたメールを受付に見せれば大丈夫だったよ

いろいろ書いたけど、めんどくさい!!っていう人はツアーを利用するのもアリ!

ベルトラにロットネスト島 日本語おまかせツアー「世界一幸せな動物」クオッカに会おう<昼食付>っていうのがあるよ!日本語おまかせなのがありがたいよね

ロットネスト島へのツアーを申し込む 

ロットネスト島へのフェリーに乗船してみた!

フェリーターミナルの写真

ミロク

船めっちゃ揺れるって聞いてて怖い。この写真も不穏な雰囲気出てるし。

駐車場付きフェリーターミナルのノースポートから船に乗ったんだけど、300台も停めれるだけあって広かった

受付の写真

中に入って窓口に行って、予約したときにきたメールにあるQRコードPDFを見せましょう

チケットの写真

船のチケット(往復分)と、もし事前に予約していたのならば駐車場の券自転車が借りれる券をもらえるよ

ダッシュボードの写真

駐車場の券はこんな感じでダッシュボードに置いておくだけでオーケー


船内の写真

船内、割と広くて快適だった。飲食できるようなちょっとした出店のようなとこもあり

ロットネスト島に上陸してみた!

自転車借りるとこの写真

ミロク

ついた。聞いてたほど船は揺れなかったな。

自転車乗ってるとこの写真

降りると、船に積んでた自転車を借りれるよ。さっき受付でもらった自転車の券を見せてさっそく乗ろう


DOME入り口の写真

朝の便できて、朝食を食べてなかったから腹ごしらえ。ついてすぐのとこに朝なのに賑わってるレストランがあったよ

料理の写真

オーストラリアと言えばね、フィッシュ&チップスみたいなとこあるよね。離島価格で決して安くはないけど美味しかった

お店の外の写真

島の中にはいくつもお店があって、スーパーもあってお土産も買えるよ

広場の写真

ここの広場にはパン屋さんやサブウェイもあった。ここは鳥がめっちゃいて、常に食べ物を狙ってるから注意してね

店入り口の写真

お店の入り口にクオッカ侵入禁止のマーク、これあるのはこの島だけだろうな〜

ロットネスト島にいる世界一幸せな動物クオッカ


クオッカの写真

急に現れると思ってドキドキしながら自転車こいでたら、第1クオッカ発見!

クオッカの写真

かわいい〜、完全に親子。近寄っても逃げなかった

クオッカの写真

この島には天敵がいなく、笑っているように見えることから「世界一幸せな動物」って言われてるんだよね。ピカチュウのモデルになったとも言われていることで有名

クオッカの写真

でもねえ、あんまり笑ってるように見えなかったんだよね。ピカチュウに人気を奪われて笑顔を失ったか?

ロットネスト島にいるクオッカの撮影のコツ

クオッカの写真

これちょっと笑ってるように見えるよね!どうやら下から見上げるように写真を撮ることがコツらしい。ただカメラを向けるとカメラのほうにどんどん近づいてきてピントを合わせるのが難しい


動画だとこんな感じ。自撮り棒は必須だよね〜、食べてるのは木の実

クオッカの写真

あとはカメラをクオッカの前に置いて、遠隔操作でシャッターを切る

ぼくはGoProをクオッカの前に置いて撮ったんだけど、撮るたびにピッてカメラが鳴るからそれに反応した可愛いクオッカが撮れるよ!

 

クオッカの写真

ピカチュウって電気ネズミだったじゃん?モデルになったって言われてるからネズミの仲間かと思ってたけどカンガルー科なんだね。クオッカってさっきから言ってるけど本当はクアッカワラビーって言うらしい

写真はお腹に赤ちゃんを入れて寝てるクオッカです

注意
クオッカは可愛くても野生動物、サルモネラ菌を保有しているため触ると食中毒を起こす可能性があります。食べ物を与えることも禁止されてるから注意ね

ロットネスト島の魅力

ミロク

年間50万人もの観光客が来るロットネスト島の魅力を伝えるよ!

ロットネスト島はクオッカだけじゃない


自転車乗ってる写真

自転車を借りてのサイクリングが最高。一般の交通の乗り入れが禁止されているロットネスト島は意外と広いからね

※自転車はフェリーのネット予約時に一緒に予約できるよ
※一緒に渡されるヘルメットはオーストラリアでは着用が義務付けられてるからちゃんとかぶろうね

ロットネスト島の写真

こんな素敵な道を風感じながら走るのめちゃくちゃ気持ちいいからね

ただ、アップダウンも激しいからけっこう疲れる。水をペットボトルに入れて持ってきたほうがいいし、運動に適した服装で来たほうがいいね

ビーチの写真

あとは普通にビーチがきれい。こういうところで海を眺めてぼーっとしてたらストレスが溶けるよ

ホテルの写真

ビーチの目の前に泊まれる施設があるんだけど、booking.comでサクッと宿をとっちゃいましょう〜ホテル見るだけでもワクワクできるよ


孔雀の写真

ロットネスト島と言えばクオッカなんだけど、クオッカ以外にも野生動物がたくさんいるんだよね

島に1羽しかいない孔雀、羽ふぁっさーしてた!

孔雀とクオッカの写真

孔雀とクオッカの共演

蛇の写真

トカゲの写真

蛇とかトカゲとか、自転車乗ってるといろんなとこで出くわしたよ

あとはオットセイ、イルカ、アシカや海鷲とかの野生動物を探しに島の沿岸をクルーズするツアーもあって、9月から11月までの間にはザトウクジラも見ることができるらしい!

ロットネスト島のオススメ観光モデル

ミロク

日本から来るときのオススメ観光モデル考えてみたから参考にしてね
  • 1日目
    日本出発
    パースに到着して1泊します
  • 2日目
    パースからロットネスト島へ
    朝のフェリーでロットネスト島へ行き1日遊んでパースへ帰ります
  • 3日目
    パース観光
    パースを観光してから帰国

日本、オーストラリア間は飛行機に乗ってる時間かなり長いから2泊3日だけだともったいない気もするけどね。クオッカのためだけに弾丸で来る人も少なくないよ!

とくにオススメは朝の便。人も少なくてサイクリングが快適だったし、やっぱり昼頃になると観光客も増えてくる。だからパースで1泊してから行くか、ロットネスト島に泊まっちゃいましょう

ロットネスト島まとめると

ミロク

ロットネスト島、控えめに言っても最高でした!

ぼくが行ったのは10月中旬、過ごしやすくて気持ちよかった〜

ここでしか見れない動物に会いに来て、その愛らしい姿と自然の美しさに癒されてみてはいかがでしょうかって話でした!

おわーり

ロットネスト島へのツアーを申し込む

アイキャッチ画像 高額な海外旅行保険を180日間も0円にするクレジットカード術

1 Comment

【ロットネスト島】世界で一番幸せな動物クオッカを可愛く撮るコツ! にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です