デザイン制作実績はこちらをクリック

【いわき回廊美術館】福島県のハイジになれるツリーブランコ乗ってみた

「福島の観光地と言えばどこ?」

「日本でハイジになれる場所を探してるんだけど、いいとこない?」

そんな疑問に答えるよ!

ミロク

ミロクです。(@mirokurocloverZ)

あなたはアルプスの少女ハイジを見たことありますか?

ハイジと言えばあのオープニングだよね

ハイジがブランコに乗ってるキャプ画像

これこれ

このハイジがめっちゃ大きいブランコに乗ってるシーン

もし日本でこれに乗れるとこあるって聞いたら行ってみたくない!?

行ってブランコに乗ってハイジになりたくない!?

ミロク

それは福島県の美術館にありました。

いわき回廊美術館へのアクセス


福島県いわき市平中神谷地曾作7

アクセス
JR常磐線いわき駅から車で約15分
JR常磐線草野駅から徒歩約30分

営業時間:夜明けから日没
入場料:無料
定休日:無休

いわき回廊美術館とは?

回廊美術館の写真

いわき回廊美術館は、世界的に有名な現代美術家である中国人アーティストの蔡国強(サイ コッキョウ)さんがプロデュースして作られた美術館

英名があって「スネーク・ミュージアム・オブ・コンテンポラリーアート(Snake Museum of Contemporary Art)」通称スモカ(SMoCA)って言うんだって

ミロク

思ってた美術館と違う。

なんたって外にあるからね

営業時間が「夜明けから日没」っていうざっくり感からも最高にディープなにおいがするよね

いわき回廊美術館への案内板の写真

案内板もこんな感じ

いわき回廊美術館への案内板の写真

駐車場ないことめっちゃアピールしてくる

いわき回廊美術館への案内板の写真

私有地だからね

いわき回廊美術館への案内板の写真

このときは本当にあたりに誰もいなくて「え、入っていいのかな」みたいな感じで恐る恐る中へ

いわき万本桜プロジェクトとは

いわき万本桜の写真

福島県いわき市平中神谷の山に世界一の桜の名所を作ろうと活動している、ボランテアプロジェクトのことを「いわき万本桜プロジェクト」って言うんだって

ミロク

世界一の桜の名所をつくるプロジェクトってすごいな(消える語彙

プロジェクトがスタートしたのは2011年5月で、目的は震災の記憶を語り継いでいくこと。目標植樹本数は99000本とのこと

いわき回廊美術館に潜入

ツリーハウスの写真

入っていきなり心躍る美術品?に遭遇。ツリーハウス、これは見てるだけでワクワクするね

ツリーハウスの写真

さっそく登って、ん?「会員制」って書いてる

会員制の説明版の写真

これけっこう面白いよね。会員の条件が「草刈りなど作業の手伝いをする人とその家族」って

申し込み受付中らしいけど、近くのボランティアってかそもそも人がいないから残念だけど諦めました

回廊美術館の写真

さらに進むとひらけた場所に出てきたんだけど、美術館って感じじゃないよね

こんなに広いのに誰もいなくて不安になる。写真はステージの上から撮ったものなんだけど、ベンチみたいなのがあるからきっと催し物とかやるんだろうな

炎の塔の写真

存在感がすごい。これも作品なんだろうけど、キャンプファイヤーでもするのかなって思っちゃうよね

炎の塔の写真

やっぱキャンプファイヤーじゃん!!笑

回廊の写真

奥に見える回廊がスネークなんちゃらっていう名前の由来になってるのかな、長さがおよそ100メートルあるらしいからさっそく行ってみよう

回廊の写真

歩きながら作品鑑賞ができるんだね

回廊の写真

主に子どもたちが描いた絵が飾られていたよ

回廊の写真

絵を見ると、外国人がよく登場してたから、きっと地元の小学校とかがここに外国人を招いていろいろワークショップとかキャンプファイヤーとかしたんだろうね

いわき回廊美術館の写真

回廊の途中にこういうちょっとした作業用のスペースみたいなのがいくつかあった

回廊の階段の写真

回廊を抜けると階段があって、頂上まで登れるよ。うしろを振り向くと例のブランコがある?

船の写真

頂上まで登るとまず目に入るのはブランコじゃなくてこの作品。船かな?

船の説明の看板

いわき市と蔡国強さんの交流のシンボル的作品で、「廻光一龍骨」って言うんだって

像の写真

仏像?一番左はいったいなんだろう

ハイジが乗ってたブランコ

ブランコの写真

ミロク

あ、あった!

ブランコの写真

ハイジのブランコだ

ブランコの写真

すごいいい景色なんだけど、これ右側ほぼ崖なんだよね


ブランコの写真

妻を乗せてみた。見よこの圧倒的ハイジ感

ウェディングフォトの写真

晴れてきたし、せっかくだからウェディングフォトも撮ってみた

いわき回廊美術館まとめると

ミロク

帰るときに一組の家族とすれ違ったんだよね。お父さんとお母さんと小さい子どもがブランコで遊んでいる光景がめちゃくちゃよかった!

家族でも恋人同士でも楽しめると思う。芸術も季節も自然も一度に堪能できる森の中の美術館へぜひ!

アイキャッチ画像 2019年に国内旅行するなら絶対に行った方がいい場所9選

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です