デザイン制作実績はこちらをクリック

オーストラリア最大の農場で起きた「ストライキ」に参加した話する?

アイキャッチ画像

オーストラリアでファームジョブしてて、ストライキが起こりそうだったから参加してみました、そのときの話をするよ!

ミロク

ミロクです。(@mirokurocloverZ)

みんなストライキって知ってる?

労働者による争議行為の一種ってwikiが言ってるんだけど、ようは働いてるといろいろ不満が出てきて、労働しないで雇用側に抗議することって感じ

ストライキはなんとなくみんな知ってると思うけど、参加したことある人はあんまりいないと思う。日本でストライキってほとんどないもんね

舞台はオーストラリア

オーストラリアではけっこう頻繁にストライキって起きてるんだよね。代表的なのがバス

通常通りバスは走らせるんだけど、乗客から運賃をもらわないというカタチで雇用側に抗議してるんだよね

これなら乗客に迷惑かからないどころかむしろ喜ばれるし、経営側には確実にダメージがあるから賢いなぁって思った。体感だけど2ヶ月に1回ぐらいのペースであったんだよね、そのときは「よっしゃラッキー」って感じだった

ミロク

調べてみると、昔日本でも名古屋の市バスとか鉄道の改札ストみたいなのがあったらしいね

豪最大の農場Costa

オーストラリアでワーホリといえばファームジョブみたいなとこがあるんだけど、オーストラリアに2年目も滞在できるセカンドビザ取得のためや、単純に仕事が簡単で給料がいいしオーストラリアのどこにでもあるから人気なんだよね

オーストラリアで一番でかいコスタ(Costa)っていうファームは全州にあって。ストライキはぼくがタスマニアで働いていたときに起こりましたとさ

タスマニアのコスタ(Costa)はけっこう大きくて、ラズベリーだけでも5〜6チームあった。例年はもう少し多い

ぼくがいた「Hotelクルー」っていうチームはハイシーズン時、100人以上もいた

仕事はラズベリー摘み

ラズベリーの木の写真

ひとり5+1バケツ持って、ひたすらラズベリーを摘んで、バケツがいっぱいになったら自分たちでパネットにパッキングするっていう仕事をしてた(パッキングされたやつはそのまま店頭に並ぶ)

「1パネット=$1」みたいな感じで給料が決まるんだけど、毎日変動するこれをプライスってみんな呼んでた

毎朝上司から「昨日のプライスは$◯◯です。今日のミニマムは$◯◯です」みたいな発表があって、ミニマムの額っていうのは「次の日に発表するプライスはこれ以上下回らない」って意味なんだけど、その日のパフォーマンス次第で値上がることはあるのね

チームごとにブロックを振り分けられるんだけど、いいラズベリーが生ってるブロックとそうじゃないブロックがあって。いいラズベリーだと摘むのもパッキングするのも簡単なのね。そのぶんプライスも下がるけど、そっちのほうが断然稼ぎやすかった

キレイなパッキングをすることをクオリティって呼んでて、クオリティが高いと翌日プライスも上がるし、クオリティが高いチームはいいブロックにいけるって感じだった

プライスが上がらない

シーズンも終わりかけに近づいてきたとき事件は起きた

ハイシーズンが過ぎると、いいベリーもだんだんなくなっていって、それに伴ってプライスは上がるはずなんだけど。なぜか全然上がらなかったのね

ぼくがいたHotelクルーのチームのみんなもだんだん不満が積もってきてるのを感じたし、ぼく自身もけっこう不満で毎日ストレスだった

他のKiloクルーっていう新しくできたチームはここよりもっとひどいって話を聞いたぐらいから、みんな朝のプライスの発表と同時に家に帰るようになった

ストライキ勃発

ぼくもちょいちょいサボったり帰ったりするようになってから、ストライキするからお前もどうだ?って話がきた

たしかにみんながテキトーに帰ったりするよりも、一斉に全員が来なくなったほうがインパクトとダメージはデカイなと思った。あとは面白そうだから参加した、実際に不満があるのも事実だし

LINEグループ

ストライキをするにあたってLINEグループを作るからお前も入れってことで入った。中には中国人、台湾人、韓国人、ぼくも日本人の友達を何人か誘って入れた

話の内容はストライキの日程とかチームごとのプライスの情報だったりいろいろ

どんどん人が人を招待して増えていって、あっという間に200人以上にまでなった

ある人が「このLINEグループに人を入れるときには細心の注意を払え」って言ったんだけど

ときすでに遅し

 

 

 

 

 

なんとそのLINEグループの中に

 

 

 

 

 

しれっとボスが紛れ込んでいた

 

慌てて1人がそのアカウントを退出させたけど、いつからいて、どこまで情報が漏れているかわからなかった。多分ボスを招待した人がいるってことだから、ほぼ全部筒抜けだったんだろうな笑

ストライキ決行とその後

ストライキは結局、決行した。ただし全員ではなかった。LINEグループにいなかった人、いた人も中には普通に出勤していた

ミロク

あ、ぼくはサボりました

結果、プライスは上がったけどまたすぐに下がった

ストライキの中心人物たちとボスが話し合ってる様子を何回か見たけど、中心人物たちはチーム異動させられたりなんだりで収束した

まとめると

ストライキ楽しかったけど、計画的にやらないとダメだなって思った!

200人以上のLINEグループはかなりしっかり管理しないと逆効果になると思うから、これからストライキを起こそうとしている人がいたら参考にしてくださいって話でした!

おわーり

アイキャッチ画像 オーストラリアのワーホリってこんな感じ! 経験者のぼくが記事をまとめました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です