デザイン制作実績はこちらをクリック

タイで大麻解禁!マリファナの合法化は東南アジア初。日本はいつ?

アイキャッチ画像

暫定議会で2018年12月25日火曜日、タイで医療用途および研究用マリファナを承認しました。研究者、赤十字職員等に加えて薬用マリファナが必要な外国人も所持可能に

委員会の議長であるSomchai Sawangkarn氏は改正案の可決をこれは国会議会から政府およびタイ国民への新年の贈り物である」って言ってるんだけど、大麻解禁の発表はタイ王国民にとってのクリスマスプレゼントになったよね

って言ってもタイでは大麻はとっくに普及しまくっていて、大麻目的に訪れる外国人観光客もかなりいる。バンコクの高校では生徒がマリファナ売買してるとかしてないとか

タイで大麻解禁

ミロク

改正案は議員166人の賛成多数で可決されたんだけど、なんと反対票はゼロ!誰も反対しなくて13人は棄権したんだって!

タイの大麻、法律はいつ決まる?

法律発効日はまだ未定です

医療用目的で既に所持してる人は?

医療用目的で既に所持してる個人でも、法律発効後90日以内に当局に届出ればオーケーみたいです

タイは医療大国。医療大麻が合法化されれば、ガンの終末医療とかをタイで受ける人も出てきて、タイ政府としてもメリットが多い

タイの大麻、娯楽目的は?

タイでの娯楽目的の大麻使用は引き続き禁止されます

タイではたびたび「クラトムの所持、売買で逮捕」というニュースを耳にするらしく、これからも
嗜好品としての大麻およびクラトムは許可されません

タイの大麻、今後は?

今後、政府官報での公表を経て施行されます

タイがある東南アジアは麻薬に厳しい?

ミロク

東南アジアは麻薬に対する取り締まりがめっちゃ厳しくて、麻薬関連の犯罪には厳罰が定められているんだよね。

マリファナ売買してる業者とかは、マレーシア、インドネシア、シンガポールでは死刑を受ける可能性もあるほど

タイ以外の国の大麻事情


ホントつい最近、ニュージーランドが大麻合法化のための国民投票を発表したばかりだよね

イギリスでも医療用大麻は今年に入って承認され、11月1日からはNHS(国民保健サービス)を通じて処方薬として提供されるようになった。他にもアイルランド、オーストラリア、ドイツは大麻を原料とする医薬品を合法化している

アメリカでは30州が医療用大麻を合法化しているんだけど、認められる内容は州によって異なっている

カナダからコロンビアの国々は医療用、娯楽用としてもマリファナを合法化している


東南アジアの大部分で麻薬は違法かつ禁忌のままなんだけど、どこの国もほとんど合法みたいなもので。ベトナムでもタイでも普通に買えちゃう。ただ東南アジアの大麻はほとんどがカンボジアのものだから質はあまり良くないそう。やはり至高はカナダ

日本での大麻解禁はいつ?

ミロク

ここからは個人的な予想ですが。

日本にもこの大麻解禁の流れはやがてくるでしょう。ぼくの予想では2020年東京オリンピックが終わってすぐにまずは医療用大麻解禁。日本政府は医療用大麻にけっこうな税金をかけてくるでしょう。その後、娯楽用としても使えるようになってブランドが乱立。あくまでも個人の予想です

大麻が合法化されてる欧米の地域だと、マリファナ産業はスマホ産業よりも市場規模があるらしいので、タイ在留の人は今から日本人相手にマリファナビジネスをしとくと今後大きな流れに乗ることができるかも?

合法ウィード解禁「吸うCBD(カンナビジオール)」

▶︎高品質な日本製CBDリキッド【+WEED】

  1. 電子タバコ/vapeで吸いたい人におすすめ
  2. 禁煙・節煙アイテムとしても人気
  3. リラックス状態でありながらも、活力に満ちた生活を過ごしたい人へ
  4. 99%の高純度で高濃度CBD

タイで大麻解禁まとめると

大麻の写真

ミロク

今の所わかってることをまとめると。
  1. 暫定会議で医療用途および研究用大麻解禁
  2. 反対票はゼロで可決
  3. 法律発行日はまだ未定
  4. 娯楽目的の大麻使用は引き続き禁止
  5. 今後、政府官報での公表を経て施行

また新しいことがわかり次第ここに追記して行きます

タイに興味を持った人は一度ツアーで参加してみることをオススメします↓

隠れた名所「タイ12の秘宝」ツアーはこちら 

アイキャッチ画像 タイのバンコクの病院で楽天カードの利用付帯保険を使ってきた

2 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です