デザイン制作実績はこちらをクリック

タイでマネパカードを使ってATMからバーツを引き出す方法とは

アイキャッチ画像

「マネパカードってよく聞くけどなんなの?」

「タイでマネパカードってどうやって使うの?」

そんな疑問に答えるよ

ミロク

ミロクです。(@mirokurocloverZ)

ぼくら夫婦は北海道民なんだけど、寒いのが嫌い過ぎて冬の日本から逃げるように東南アジアに来ました

国内外をフラフラしてるんだけど外貨に関してはマネパカードが最強で、理由は海外プリペイドカードの手数料を比較するとマネパカードが日本最安だから。※平成28年5月 矢野経済研究所調べ。海外ショッピング利用時において。

この記事ではそんなマネパカードをタイで使う方法を備忘録がてら書いていくよ

マネパカードをタイで使う方法

  • STEP.1
    申し込み
    「カード開設申込フォーム」から必要事項を入力して申込みます。本人確認書類マイナンバー書類のアップロードが必要
  • STEP.2
    審査・発行
    申し込みから最短1~2週間程度でカードと口座番号・パスワードが記載された通知書が届く
  • STEP.3
    ログイン
    マネパカードのサイトから口座番号とパスワードでログイン
  • STEP.4
    入金
    銀行の専用振込口座あてに振り込む「振込入金」と、事前にカード会員専用サイトで手続きをすることでコンビニの店頭から入金できる「コンビニ予約入金」のどっちかで入金
  • STEP.5
    両替
    ログインした状態で米ドルに両替(国内で利用する場合は不要)
  • STEP.6
    チャージ
    両替した米ドルをカードにチャー
  • STEP.5
    引き出す
    マスターカードが使えるATMで引き出す

細かく見て行きましょう!

マネパカード申し込みは3ステップで簡単

ミロク

WEBサイトから簡単に申し込めるよ!

必要なものは、本人確認書類マイナンバー(個人番号)書類。この2つだけ!
事前に本人確認書類とマイナンバー(個人番号)書類の写真を携帯電話やスマホで撮影して保存しておけば、申込む時に便利。あとはアップロードするだけだからね。以下、公式サイトです↓↓

マネパカード公式

  1. サイトの「カードお申し込み」ボタンをクリック
  2. 「カード開設申込フォーム」ボタンをクリック
  3. 必要書類2つをアップロード

以上で終了、カード発行審査が始まるよ。めっちゃ簡単

マネパカードの審査・発行

簡易書留で、カードとログインするための口座番号・パスワードが記載された「カード口座開設通知書」が送られて来るよ

申し込みから最短1〜2週間程度で届くよ

サイトにログイン

「カード口座開設通知書」に記載の口座番号とパスワードでカード会員専用サイトにログインします

マネパカードの口座に入金

ミロク

入金の方法は2つあるよ!

銀行の専用振込口座あてに振り込む「振込入金」と、事前にカード会員専用サイトで手続きをすることでコンビニの店頭から入金できる「コンビニ予約入金」のいずれかの方法で入金できるよ

米ドルに両替

ミロク

外貨を利用する場合は、カード会員専用サイトにログインして両替するんだけど

チャージできる通貨は「米ドル」「英ポンド」「ユーロ」「豪ドル」「香港ドル」だけ。そう、タイのバーツがないんだよね

「使えないじゃん」って思ったけど、米ドルに両替してそれをチャージしたら普通に使えました

米ドルをカードにチャージ

カード専用サイトにログインして両替した米ドルをチャージします。外貨または円貨をチャージすると、ここで初めてマネパカードが使えるようになるんだね

タイでマネパカードを使う

あとはマスターカードが使える店なら普通のクレジットカードのように使えるし、海外ATMならマスターカードのマークがついた全てのATMからタイのバーツを引き出せるよ

タイでマネパカード使うときの注意点

ミロク

マスターカードのマークがあるタイのATMはほとんどが日本語に切り替え可能だから、ATMの使い方で迷うことはないはず。

マネパカードでATM引き出しは何回もするな!

問題は手数料。ATMから引き出すときに米ドルからタイのバーツに両替する手数料は最安と言っても決して0円ではない

だから何回もATMを利用してお金を引き出すぐらいなら、外貨両替所で1回にどかっと日本円をバーツに変えたほうが安かったってこともある

なのでぼくらはなるべくATMの利用を1回、多くても2回までとして、手数料を抑えるっていうやり方を毎回しています。多分これが最も安く済む方法だから

マネパカードは日本にいるうちに作れ!

タイ在住の方や海外在住の方には悲報なんだけど、マネパカードって日本にいないと作れないのね。だからタイに行くことが決まったのならなるべく早く、余裕を持って作っておいてほしい

最短1〜2週間程度はけっこう早いと思うけど、ギリギリで申し込んで間に合わなかったっていうのじゃ目も当てられないからね。こういうのはすぐ行動!

マネパカード公式

マネパカードをタイで使うまとめると

  1. WEBでネット申し込み
  2. 審査・発行
  3. ログインして入金
  4. 米ドルに両替してチャージ
  5. タイで利用

注意点として

  1. ATMで引き出しを何回もするとマネパカードの良さが活きない
  2. 申し込みは日本にいるうちに余裕を持って

マネパカードを上手に使ってお得にタイ旅行を楽しんでくださいって話でした!

おわーり

アイキャッチ画像 タイのバンコクの病院で楽天カードの利用付帯保険を使ってきた

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です