デザイン制作実績はこちらをクリック

オーストラリアでキャンプならWikiCamps。アプリの使い方

アイキャッチ画像

「オーストラリアでキャンプしたいんだけどキャンプサイトの見つけ方は?」

「WikiCampsっていうアプリが便利らしいけど使い方がわからない!」

そんな疑問に答えるよ

ミロク

ミロクです。(@mirokurocloverZ)

オーストラリアやニュージーランドやカナダをラウンドするときに必須のスマホアプリ「WikiCamps」を紹介します!

オーストラリアは日本と違ってその辺で適当にキャンプしてたら怒られるんだよね

めっちゃデカイ土地あるのに

だからキャラバンパークとか、キャンプサイトとか、旅行者向けの宿泊施設がオーストラリア中にあります

ほんと小さい町でも必ずと言っていいほどある

somebody

でもそういうのってどうやって見つけるの?

普通にスマホとかパソコンでググってもいいんだけど、ここは便利なアプリを紹介したい!それがこちら

https://twitter.com/mirokurocloverZ/status/969401976684396544

WikiCampsとは

ミロク

ニュージーランドやカナダにもあるんだけどWikiCampsはオーストラリア発のアプリ。

使い方はいたって簡単。まずはアプリを起動させます

WikiCampsのスクショ画像

こんな画面になって、いろいろあるけど基本的にぼくが使っているのは赤枠の「View Map」だけです!

WikiCampsのスクショ画像

こんな感じでマップが表示されます

青い丸が現在地ってGoogleマップに似てるね!

マップ上にあるたくさんのアイコンの中から1つをタップしてみると

WikiCampsのスクショ画像

上のほうにアイコンがずらっと並んでいるのがわかりやすい!

「犬オッケーなんだなー」とか「ゴミ箱あるんだなー」とか、英語が苦手な人でもなんとなくニュアンスがつかみやすい

さらに詳しく知りたいときは赤枠の「Site Details」をタップします

赤枠を左から順に

「Details」
住所とか電話番号とかその施設の詳細な情報が見れます

「Comments」
その場所を利用した人たちのコメントを見ることができます

「Price」
もし、その場所を利用するにあたってなんらかの料金が発生した場合にかかる金額が見れます

「Photos」
その場所の写真が見れます

フィルタをかけて絞れる!

WikiCampsのスクショ画像

ミロク

「行きたい場所の条件」や「その場所に欲しいもの」などフィルタをかけて絞れます、これがまた便利!

マップの画面で赤枠の「Filters」をタップします

WikiCampsのスクショ画像

もし行きたい場所の名前だけわかっている場合は一番上の「Site Name Search」から探せるんだけどそれなら多分Googleマップでいいね

便利なのが赤枠の「Site Types & Features」

ここをタップすると

WikiCampsのスクショ画像

このようにアイコンと説明がばーっと出てきます

赤くなってる部分、もともとは「Cost」ってなっていてタップすると「Requires Cost」もう一度タップすると「Without Cost」になります

無料で使えるところだけを探してる場合には「Without Cost」でフィルタをかけて絞り込むことができます

シャワーあるとこ探したい!ってときは緑の部分、タップして「Requires Showers」でフィルタをかけるとシャワーのついてる場所だけがマップに表示されます

WikiCampsのいいところまとめ

ミロク

WikiCampsの使い方をざっくりと紹介してきましたが、ここで改めてWikiCampsというアプリのいいところをまとめてみようと思います。

①一度ダウンロードしてしまえばオフラインでも使える。

オーストラリアやニュージーランドではロードトリップをしている道中、田舎というか僻地過ぎて電波が届かないなんてことがよくあります

WikiCampsは一度ダウンロードしてしまえば例えオフラインであっても使えるのです!

Wi-Fiとかのネット環境が整ってないところでも使えるのは便利!

②英語が苦手でもわかりやすいアイコンで直感的に意味が理解できる。

somebody

海外のアプリだから英語に自信がない人は扱えないのでは

フラットなデザインのアイコンがわかりやすく直感的に意味を理解しやすいから「英語ちょっとキツイっす」って人にも簡単に使えるかと思います

③旅仲間とシェアしてたくさん思い出を作れる。

友達とどこか旅行しに行くときにどこでキャンプするよ?って話になりますよね。

そんなときにWiki Campsでちょちょいと調べてシェアすれば、簡単に宿が決まります。

https://twitter.com/mirokurocloverZ/status/957566599438811136

こんな感じの写真も友達と撮れます。キャンプファイヤーとか楽しいよね!

さいごに

ミロク

唯一、デメリットをあげるとしたらWikiCampsは無料アプリじゃないってとこですかね。

オーストラリア版は$6.99でニュージーランド版とカナダ版は$2.99(2018年時)

とコストがかかっちゃうけど旅の仲間とシェアしてもいいしね

ワーキングホリデーの人気国「オーストラリア」「カナダ」「ニュージーランド」を旅するなら絶対に持っておいたほうがいいアプリの紹介でした!

おわーり

アイキャッチ画像 高額な海外旅行保険を180日間も0円にするクレジットカード術

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です